風水で「運が良くなる」理由をとは?

風水の基本

風水で「運が良くなる」理由をとは?


風水は古代から現代まで人々に伝えられてきた芸術であり、自然科学ですが

元々はどこに都を作るか、どこにご先祖様のお墓を作るかということを考える目的で生まれています。

風水とはその名の通り「風」と「水」のことを言います。

これは目に見えないエネルギーである「風」と目に見えるエネルギー「水」を象徴して名付けられています。

目に見えるものも見えないものも、両方の存在を同じように認めて、バランスよく受け入れて生きる…

それが本来人間が持つ能力を最大限に引き出し、人を幸せにしてくれます。

風水を利用して生活空間のバランスが整うと、いわゆる「運が良くなる」のはこういう法則があるからです。

部屋の環境が運気に影響する!


こちらのコラムでも書きましたが自然環境と人が美しく共存することが風水の真髄だと書きました。

人を取り巻く環境はその人が気づいている、以内に関係なくその人の人生に影響しています。

ですからどんな生活環境で暮らすかは、その人の健康(健康運)、お金の巡り(金運)、人間関係(人気運)

愛情(恋愛運)、仕事(仕事・事業運)といった人生の様々な分野に関わってくるのです。

風水で考えられている五大要素


別のコラムで詳しく説明する予定ですが、私たちが暮らす地球に存在する全てのものは

木、火、土、金属、水の5つのエレメンツ(五大要素)の組み合わせで成り立っています。

風水ではこの5つのエネルギーバランスが取れていることが、全てうまくいく理想の状態と考えられています。

つまりこの5つのエネルギーをバランスをよく日常生活に取り入れることができれば、人間本来の能力が高まるわけです。

能力が高まるということは、人が「こうなりたい」 と思うことを実現できるようになるということです。

風水は、そのエネルギーバランスを整える「システム」のようなものなのです。

ということは当たり外れも、効果があるないも関係なく、スイッチを入れれば確実に作動するということです。

誰でも簡単に使えて効果がある、というのもシステムであるがゆえです。

部屋に運気を誘い込む


先ほど部屋の環境が運気に影響すると書きましたが、これは部屋を掃除したり、綺麗にしておくことはもちろんですが

どこに何をおくかというのも重要なポイントになってきます。

あなたが暮らす家の玄関、寝室、リビングなどに運気を流れ込む「仕組み」を作れば、

例えば運が悪いなと感じている場合でも気の流れを変えることで状況が一変するでしょう。

今までお金が貯まらなかった人も、出費が減り、収入が増えるきっかけとなる出来事に恵まれ、

恋人ができる気配がない、、と感じている人も、思いもよらないところで

異性と仲良くなるきっかけがに出会えるでしょう。

このように、普段あなたが長くいる場所に風水で良いとされるものを置くことで

あなたを取り巻く全体の「気」の流れを変えることから始めましょう。

テスト ロイド

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。